未分類

フォーラムエイト・ラリージャパン2022、開催概要を発表

本日、フォーラムエイト セントラルラリー2021の会場である愛知県・豊田スタジアムで、来年11月に行われるFIA世界ラリー選手権(WRC)「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」の開催概要が発表されました。

まず主催者代表の株式会社サンズ・鈴木賢志代表取締役から、WRCの来季カレンダーとして承認されている2022年11月10日(木)~13日(日)という開催日程の発表があり、大会の舞台となる愛知県岡崎市、同・豊田市、同・新城市、同・設楽町、岐阜県恵那市、同・中津川市の2県6市町に競技エリア(スペシャルステージ)が設定され、サービスパーク、ヘッドクオーター、メディアセンターを豊田スタジアムに置くことなどが説明されました。

このあと、列席していた衆議院議員、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟・古屋圭司会長、タイトルパートナーである株式会社フォーラムエイトの伊藤裕二代表取締役社長、WRC参戦チームを代表してGAZOO Racing カンパニーの佐藤恒治プレジデントから、開催に向けたメッセージが順番に披露され、最後には開催地である岡崎市の中根康浩市長、豊田市の太田稔彦市長、恵那市の小坂喬峰市長、中津川市の渡邊卓副市長も加わり、フォーラムエイト・ラリージャパン2022の成功を出席者全員で誓い合いました。

フォーラムエイト・ラリージャパン2022 トロフィー

フォーラムエイト・ラリージャパン2022 オフィシャルカー

株式会社サンズ 鈴木賢志代表取締役

株式会社サンズ 鈴木賢志代表取締役
「本来は今日、フォーラムエイト・ラリージャパン2021が開催される予定でしたけれども、残念ながら中止になってしまいました。2021の開催に際しては、ファンの皆さま、それから関係各社にはご協力いただきましてありがとうございました。ファン、それから関係各社の方々には申し訳ない気持ちになっておりました。しかし私どもは、2022に向かって今、始動を始めました。FIAおよびWRCプロモーターと協議して、来年の日本開催の日程は先日発表されました。開催日は2022年11月10日から13日となります。大会の正式名称は「FIA世界ラリー選手権(WRC)フォーラムエイト・ラリージャパン2022」となります。今年の2021に引き続き、株式会社フォーラムエイト様にはラリージャパンのタイトルスポンサーとしてご支援いただくことが決まっております。フォーラムエイト様、ありがとうございます。開催エリアは2021と同じ、愛知県それから岐阜県となります。競技を行う自治体については、次の市町を考えております。愛知県内は岡崎市、豊田市、新城市、設楽町、岐阜県内は恵那市、中津川市になります。以上、2県6市町で競技の開催を考えています。名古屋市と長久手市に関しては、フォーラムエイト・ラリージャパン2022開催に向けた盛り上げPRイベント等で引き続きご協力いただくということになっております。サービスパークはここ、愛知県豊田市の豊田スタジアムになります。ヘッドクオーターそれからプレスルーム、こういったものも豊田スタジアムを考えています。スペシャルステージそれからリエゾン、スケジュールに関しては再調整しておりますので、決まり次第プレスの皆さまに発表させていただきたいと思っています。
私たちはこれまでどおり、開催地域の皆さまとともにラリーを盛り上げて、信頼関係を築きながら成功をさせていきたいと思っています。コロナに関してはまだ予断を許しませんけれども、地域住民の皆さま、それから観客、選手・関係者、そういった関係各社の皆さまの健康を最大限に考慮しながら、2022は何としてでも開催できるように尽力していく所存でございます。また、スポーツ庁をはじめ各省庁の協力も必要となっております。こういった省庁、それから関係各社と連携をとり、慎重に進めていく所存でございます」

衆議院議員、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟 古屋圭司会長

衆議院議員、自由民主党モータースポーツ振興議員連盟 古屋圭司会長
「残念ながら2年続けてラリージャパンは断念となりましたが、しかしこれはコロナというやむを得ない事情でございます。しかし災い転じて福となす。つまり来年に向けてしっかりPR期間が増えたということで、満を持して来年の開催に向けて盛り上げていきたい。
日本は、世界、特にヨーロッパ諸国と比べると、日本の自動車産業は世界一です。しかし残念ながらモータースポーツ文化が定着をしていないのです。例えば若者が一生懸命仕事をして何か月に一度レースに出る、そのためにお金を貯めてそして出る。そうやって出れば、モータースポーツの楽しさだけではなく、クルマの危ないこと、こういったことも全部分かってくるのです。これがモータースポーツ文化の定着につながっていくと思います。だからこそ我々モータースポーツ振興議員連盟は、モータースポーツ文化を定着させて、そして青少年の健全育成にもしっかり寄与していこうという、非常に崇高な目的を掲げて取り組んでいます。両知事におきましては、いろいろと開催にあたりましてのご協力本当にありがとうございました。また、メインスポンサーであるフォーラムエイト様も、バーチャルリアリティの日本を代表する企業のひとつでございまして、レッキなどをバーチャルリアリティに代えていくことによって、より効率的な運営も可能になってきます。そういう意味では冠スポンサーに相応しいお仕事の会社が就任していただいたなと思っております。
それから、モータースポーツ振興議員連盟で、愛知11区の八木先生。隣が山本左近さん、皆さんご存じですよね、元F1レーサー。彼にはモータースポーツ振興議員連盟の事務局長を、当選1回生で異例の抜擢をさせていただきました。ちなみに幹事長は三原じゅん子さん、事務総長には滋賀出身の大岡さんという方で、モータースポーツの世界で活躍している、また、楽しんでいる国会議員がたくさんおり、盛り上げていきたいなと思っています」

愛知県 大村秀章知事

愛知県 大村秀章知事
「本当に多くの皆さんにお越しいただき、こんな良い天気の下でできることを本当にありがたく思っております。
WRCのラリージャパン、2010年を最後に、去年10年ぶりに日本でと、この愛知・岐阜でということでありましたが、去年も今年も残念ながらこのコロナ禍ということで延期となってしまいました。ただ来年11月には必ずやるということでございますので、ぜひまた多くの皆さんにお越しをいただきたいと思います。
先ほど古屋先生から言っていただきましたように、日本そしてこの愛知県は世界一の自動車産業の集積地であります。産業が世界一であればやはりこの自動車文化、モータースポーツを国内外に広めていく、ヨーロッパと並んでやはり自動車文化・モータースポーツの中心、聖地になっていくということも必要だと思います。そういうミッションが私ども愛知県にはあると思いますので、このラリージャパンを機に、さらにモータースポーツを広げていけるように皆さんと一緒にしっかりと頑張っていきたいと思います」

岐阜県 古田肇知事

岐阜県 古田肇知事
「何と言ってもラリージャパン2022開催が決定いたしました。誠におめでとうございます。2年間、2度にわたって中止を余儀なくされたわけでありますが、いよいよ決定、3度目の正直ということでございます。大会誘致にご尽力いただき、また様々な準備を進めていただいております鈴木主催者代表、また古屋議員をはじめ、多くの方々のご尽力に心から敬意と感謝を表する次第でございます。
私ども岐阜県2市、中津川市、恵那市を開催地として使っていただけるということで感激の至りでございます。まさにモータースポーツ文化の一端に我々も触れさせていただけるということで、大変わくわくしている次第でございます。かくなる上は岐阜県民200万人あげて歓迎し、このラリージャパンの魅力発信、そして岐阜県の魅力発信といったことについて、愛知県とも連携をとりながら大いに盛り上げていきたいと思っております。まさにモータースポーツ文化の聖地というお話が今ございましたが、岐阜県愛知県一緒になって立派な聖地を作り上げていきたいという思いでおるわけであります。
最後になりますが、関係者の方々のこれまでのご努力に改めて感謝申し上げますと同時に、大会の成功を心からお祈り申し上げまして、開催地の一部一端を担わせていただけることを喜びの挨拶とさせていただきます」

株式会社フォーラムエイト 伊藤裕二代表取締役社長

株式会社フォーラムエイト 伊藤裕二代表取締役社長
「フォーラムエイトは古屋先生との長いご縁もありまして、このWRC 2021と2022のタイトルスポンサーをすることを決めさせていただきました。残念ながら2021は中止・延期ということになりましたが、2022に向けて私ども精一杯ご支援をさせていただきたいと思っております。
当社はWRC FORUM8 ACI Rally Monzaのタイトルスポンサーも務めております。当社をあまりご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、土木の設計、建設の設計解析CADといったソフトをベースに、近年はバーチャルリアリティのソフトをベースにドライビングシミュレータなどのシステムを開発している会社でございます。今後VR活用の世界展開も視野に入れまして展開したいと思っております。
そして今日からフォーラムエイト セントラルラリーでは選手の皆さんに頑張っていただきたいと思っております。本当に好天に恵まれまして、良いレースが開催されるものと思っております。本日は皆さまお集まりいただきましてありがとうございました」

GAZOO Racing カンパニー 佐藤恒治プレジデント

GAZOO Racing カンパニー 佐藤恒治プレジデント
「ラリーの魅力は、世界最高峰のクルマとドライバーがしのぎを削るその競技そのものであるのは間違いありません。しかしながら同時に、世界各国の美しい景色とクルマが一体となったその美しさ、各地域とのクルマとともに育む自然の豊さといったものを感じ取れることも、WRCの魅力のひとつなのではないかと思っております。
来年開催予定のラリージャパン、この愛知県・岐阜県の、世界に堂々と誇れる美しい里山がございます。WRCを通じまして日本の美しさをぜひとも世界に発信して、この日本の魅力をお伝えしていきたいとも思っております。
この伝えるという皆さまのお力をお借りしまして、ぜひとも来年のラリージャパンに向けてご一緒に、心をひとつに盛り上げを進めてまいりたいと思いますので、引き続きお力添えをよろしくお願いいたします」

関連記事

Title Partner

  • 株式会社フォーラムエイト

Gold Partner

  • TOYOTA GAZOO Racing

Silver Partner

  • 三井住友海上火災保険株式会社

Bronze Partners

  • 株式会社アクトホールディングス
  • 株式会社チェリオジャパン
  • 株式会社デンソー
  • 株式会社イープラス
  • 中西金属工業株式会社
  • 西尾レントオール株式会社
  • プーマ ジャパン株式会社

Official Supporters & Official Supplier

  • 旭化成ゾールメディカル株式会社
  • 株式会社 JTB
  • 株式会社タマディック
  • 愛知県オールトヨタ販売店
  • 岐阜県オールトヨタ販売店

Media Partners

  • 株式会社中日新聞
  • 東海テレビ放送株式会社
  • 株式会社CBCテレビ
  • 中京テレビ放送株式会社
  • メ〜テレ
  • テレビ愛知株式会社
  • CNCI
  • アミックスコム
  • スターキャット
  • ティーズ
  • ひまわりネットワーク
  • ミクス
  • 株式会社CBCラジオ
  • 東海ラジオ放送株式会社
  • 株式会社エフエム愛知
  • 株式会社ZIP-FM

WRC Partners

  • PIRELLI
  • TW STEEL
  • AsahiKASEI
  • Wolf